POST

博物ふぇすてぃばる!3 展示作品紹介

  23, 2016 00:02
2016年7月23日、24日の2日間開催されます、「博物ふぇすてぃばる!3」に「CoCoon&TOWA TOWA TO」名義で参加致します。
(両日展示のみ。販売や受注はございません。)

↓博物ふぇすてぃばる!公式HP
http://hakubutufes.com/


【出展ブース名】
CoCoon&TOWA TOWA TO (合同展示)
ブース番号「C-31」

【出展者】
ハルカ(私)&Mile Paxtonさん(http://towatowato2.blog.fc2.com/)

【出展内容紹介】
今回のテーマはMineral Guardians.
もしも鉱物に宿る精霊のような動物が存在するとしたら...
様々な鉱物を擬獣化し、鉱物の森に生息する動物たちの剥製のようなぬいぐるみ(可動)の展示を予定しております。
闇夜に耀う怪しい森にあなたも迷い込んでみませんか?

2人でそれぞれ鉱物をイメージした動物や幻獣のぬいぐるみを製作しました。
わたくしハルカからの出展は2匹の幻獣です。

ADSC09401.jpg

B1DSC09455.jpg

それぞれどの鉱物かは会場でじっくり御覧になって頂けたら嬉しいです。

以下、枚数に差があるのですが作品画像を掲載させていただきます。

B2DSC09459.jpg

B3DSC09469.jpg

B4DSC09476.jpg

この仔は角の質感や、背中や顔の表現を苦労して製作しました。
空想の動物、ジャッカロープをベースに、うさぎ、山羊、鹿などの要素を盛り込んでおります。
前肢はイヌ科の前肢、後ろ肢は大地を強く蹴り上げて、岩場さえも歩けるような逞しい蹄が備わっております(蹄の裏は蹄の形に添った肉球)
自慢のアゴヒゲをたくわえております。
白く伏せた睫毛がチャームポイント。
(睫毛を作っている時は鼻息で繊維が飛ばぬように気を付けました。笑)

ちょっと怖い顔ですが、実はとても怖がりの彼です。
角に鉱物の特徴を表しております。実物を見ていただけましたら幸いです。





もう一つの鉱物イメージの幻獣さんはこの仔です。
2DSC09415.jpg
メガネザル的な仔を目指しましたが、いろんな要素のある顔となりました。
お鼻はモモンガをイメージしております。
鉱物のヒントは毛並みに散らばるキラキラ...。もっとズバリなヒントもあるのですがあえて伏せます。

3DSC09397.jpg

取り外しのできる、開閉式の翼を備えております。
(翼を使わない時は専用の額に付けて壁に飾る事も出来ます。)

13707651_1640654869595322_8993510966012010957_n.jpg


4DSC09421.jpg

5DSC09425.jpg

6DSC09427.jpg

7DSC09420.jpg

8DSC09424.jpg

9DSC09434.jpg


前肢、後ろ肢の肉球というか指の形はそれぞれ違う形をしています。(前肢には親指もあります)
資料を見ずに作ったので、何科なのか完全に自分でも分かりません^^;


10DSC09390.jpg

11DSC09392.jpg

12DSC09436.jpg

13DSC09439.jpg

じー…
14DSC09441.jpg

チラッ
15DSC09454.jpg

16DSC09451.jpg

いたずら好きというのは分かりますね^^;


17DSC09481.jpg

18DSC09485.jpg

19DSC09488.jpg

19DSC09492.jpg

20DSC09495.jpg

怖いもの知らずの冒険家気質!

21DSC09496.jpg

22DSC09497.jpg

23DSC09499.jpg

24DSC09501.jpg

25DSC09503.jpg

この仔に書物の分類分けだけはさせてはいけません。
必ず後悔することになります。


「そんなことないもん!」
26DSC09508.jpg

27DSC09510.jpg

28DSC09511.jpg

29DSC09513.jpg

30DSC09515.jpg

31DSC09517.jpg

眼はオリジナルの硝子パーツです。
硝子なので不思議な光を瞳に落とし込みます。

以上、わたくしCoCoon側の作品紹介でした。




新作の開発にあまりに時間が掛かってしまったので告知もぎりぎりとなってしまいましたが、
2人で作った鉱物と動物の世界を直に見ていただけたら大変嬉しいです。

おねがい:
作品はどれも繊細なため、お手に触れぬようにお願いいたしますm(_ _)m

撮影は大歓迎ですので、特に許可は不要です。
(周辺のお客様、作家様や私達作家本人の映り込みをしないようご配慮お願いいたします。)

撮影いただく際に「お手を触れないでください」のカードが撮影の邪魔だと思いますので、
お声かけ頂ければカードを外しますので、お気軽にお声かけ下さいませ。

どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト

What's new?